会社員が副業ネットビジネスをしてはいけない理由5つ

会社員が副業ネットビジネスをしてはいけない理由5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小塚史晃です。

巷では会社員の副業解禁のニュースが熱いですね。

もしかしたら、あなたは会社員のような縛られた生活から解放される、
時間や場所を選ばないネットビジネスに興味を持っているかもしれません。

しかし、会社員にとってネットビジネスをすることが本当に正しいのでしょうか。

今回は会社員がネットビジネスをやってはいけない理由についてお話します。

この記事を読んだ後には、やっぱり副業でネットビジネスは
やめておこうと思うかもしれません。

もしくは、逆にやる気なる人もいるでしょう。

会社員がネットビジネスをしてはいけない理由5つ

本業に集中できなくなる

ネットビジネスを始めて、月収が5万、10万、20万、
そして30万と増えていくとどんな心境になると思いますか? 

 

努力したら努力した分だけ収入に反映されるので、
楽しくてたまらないのです。

 

100パーセント実力主義ですが、
ある意味正当な評価、えこひいきなしの平等な評価です。

 

そうなると、

 

仕事中も今度はあのマーケティングの方法を試してみよう!とか、

 

この前読んだノウハウを試してみようとかワクワク止まらないんです。

 

会社の場合は自分一人が努力して、良い評価を得られても
会社の業績が悪いと給料はもちろん上がりません。

誰かに足を引っ張られると給料をあげるのは至難の技です。

 

こんな状態になると本業なんてやってられません。

 

会社員がいくら知恵を絞りだそうが、頑張ろうが収入に反映されるのは極わずかです。


周りからは感謝の言葉などを貰えるかもしれませんが、収入に反映されるわけではありません。

表彰とか感謝の言葉なんていらないから、
給料を上げろって思います。

ネットビジネスで稼ぎ方を覚えてしまうと、
会社員の仕事が馬鹿らしくなって、本業に集中できなくなるんです
ね。

 

出世に興味がなくなる

 

ちょっと前までは、会社員の目標は出世でした。
課長になって、部長になってそれから専務・・・

会社によって、役職手当は様々ですが、
5万から10万程度が相場でしょう。

そして、悲しいことに管理職だという理由で
残業手当がつかない場合もあります。

 

ちょっとの昇給だけで、
多大なる責任があなたの肩にのしかかるのです。

場合によってはダラダラと仕事をして、長
時間労働をした方が稼げることがあります。

 

もし、あなたが副業もネットビジネスもしていないのであれば、
収入の上げる方法が出世か残業代を当てにするしかないでしょう。

関連記事:会社員て長時間労働するしかなくない?年収を上げる5つの極意とは

しかし、もしあなたがネットビジネスである程度、
まとまった収入を得ていれば、出世は邪魔でしかありません。

 

なるべく会社員として働く時間を短くして、責任を減らして、
ネットビジネスに集中して取り組みたいと思うはずです。

 

態度がでかくなる

会社員のイメージって上司にヘコヘコして、
周りに気をつかいながら波風を立てずにいるイメージですよね。

言いたいことも、周りが気になっていえません。
ある意味これは、会社で長い間生き残っていく上では仕方がないことです。

 

日本の会社というのはムラ社会的なところがあって、
気に入らない人たち、異質な人たちを駆逐しようとする性質があります。

 

すべての会社に当てはまるわけではありませんが、
悲しいことに、これは事実です。

だから社内営業という非生産的な活動に従事しなければならないのです。

 

関連記事:会社員て長時間労働するしかなくない?年収を上げる5つの極意とは

 

しかしですよ。ネットビジネスである程度まとまった収入ができると、
自分がクビになるとか、周りからハブられるとか全然気にならなくなるのです。

 

クビにするなら勝手にすれば?仕事回さないなら、
どっちかというと体力温存できるから好都合!ってな感じで
怖いものなしになるのです。

 

だから、周りを気にせず発言できるので態度がでかいとか言われたりします。

もしくは入社間もないのにベテランに見えたりします。

態度がでかくなると社風によっては、自信があるとか、
頼り甲斐があるとかみなされ良い意味でも注目されてしまうこともあります。

早く帰りたくなる

本業に集中できなくなるでも書きましたが、
ネットビジネスでまとまった収入がで始めると、
早くいろんなノウハウを試したくなって家に帰りたくなるんです。

日本はまだまだ長時間労働とか自己犠牲が賛美される社会ですから、
早く帰ってしまうとチームワークに欠けるとか、もっと周りに気を遣うべきだとか言われます。

はっきり言って、周りの連中が仕事が遅いだけなんで、
なんで遅い人にスピードを合わせなくてはいけないのか理解に苦しみます。

日本でも、年俸制が多くの企業で採用されれば、もっと効率良く働く会社員が増えるでしょう。

ネットビジネスの利点を生かせない

ネットビジネスの魅力はやっぱり場所と時間を選ばない、その自由さにあります。

世界中のどこでも、好きな時にネット環境さえあれば、稼げてしまうのです。

しかしながら、会社員で副業でネットビジネスをしてしまうとこの利点を生かせないんです。

会社に勤めている以上は決まった時間に出勤しなくてはいけませんし、
オフィスに行かなくてはいけないので場所に拘束されてしまっているんです。

せっかくネットビジネスをしていても、
これではあまりネットビジネスの良いところを
会社員を続けている限りは感じないかもしれません。

 

もっと日本の会社でも好きな時間に出社したり、
リモートワークみたいな制度が浸透すれば、
ネットビジネスの魅力が引き出せそうですね。

 

それでも会社員は副業でネットビジネスをすべき

さっきまで散々会社員はネットビジネスをすべきではないと述べてきましたが、
やっぱり会社員はネットビジネスをすべきです。

やはり昨今の経済事情を考えると収入源が一つだけでは物足りませんので、
万が一に備えて収入源を一つ増やしておくと良いでしょう。

例えば本業で500万の収入があって、
ネットビジネスで300万の収入があれば
年収800万になり上位10%に食い込むことはできます。

たとえ会社を解雇されたりしても、
ネットビジネスに一本集中すれば収入は元に戻すことは可能でしょう。

 

しかし、会社から帰ってクタクタな状態でネットビジネスをやるとなると、かなり大変です。
場合によっては会社から帰ったら、体を休めたり、遊んだりリフレッシュした方が幸福度がます場合があります。幸せはお金では買えませんからね。

心がけてほしいこと4つ

もしあなたがネットビジネスを始める際に心がけてほしいことがあります。

これを知らないとただただ長時間労働になるだけで、普段の生活で遊んだり、
リフレッシュができなくなります。

お金はたまるかもしれませんが、幸福度の観点からするとあんまりよろしくはないです。

5年以内に会社をやめるつもりでやる

前にも述べたようにネットビジネスでまとまった収入があると
本業に集中することができなくなります。

それは、あなたにとっても会社にとっても良いことだとは思えません。

どうせやるなら、5年以内に1000万は稼げる状態になりましょう。

会社から帰ってからの副業、ネットビジネスというのは続けるのはしんどいです。

1000万稼げる目処が立つまでは会社をやめてはいけない

ネットビジネスで500万円を稼げれば、暮らしていくのに十分かなと考え、
やめてしまう人が多いですがここで会社をやめてはいけません。

税金のことは割愛しますが、
ネットビジネスの場合は翌年も同じ金額が稼げる保証はありません。

ビジネスに失敗してしまったり、病気で仕事ができない時に備えて、
稼いだ額の半分を貯蓄に回しておくことが理想です。

会社員の場合はたとえ、少しの間ビジネスがうまくいかなくても、
その損失に備えて内部留保を溜め込んでいるのですぐさまに会社が倒産ということはありません。

つまりネットビジネスでの1000万は半分をもしもの時の備えに回さなくてはいけないので、
会社員の年収500万に相当するのです。

どうしても会社の環境が良くなく会社を辞めたい場合は、
アルバイトなどの軽めの仕事に就いて最低限の生活費は稼いでおくと良いでしょう。

副業バレに気をつける

人というのは嫉妬します。誰かが成功していると邪魔します。

もしあなたがネットビジネスで成功していることを同僚に話したら、彼らはどう思うでしょうか?

ほとんどの人は『スゴイ!』と言ってくれるかもしれませんが、
全員が歓迎してくれるわけではありません。

10人いたら1人くらいは嫉妬して人事部に言いつけたり、あなたの仕事の邪魔をしてくるでしょう。

だから、絶対に副業をしていることがバレてはいけません。自慢したくなってもここはじっと我慢です。

確定申告は確実に

いくら副業といえど立派な収入です。20万円以上の収入があれば、確定申告は必ず済ませましょう。

少額だからバレないと思っているかもしれませんが、それは税務署から見逃してもらっているだけです。

後で何年にも遡り追徴金の請求がくるでしょう。

そもそもなんで、ネットジネスで副業しなくちゃいけないの?

結論から言いますと給料が低いからです。

世界第3位の経済大国にもかかわらず、先進国のなかで年収は低い方です。

平均的な会社員をやってると手取りは20〜30万くらいに落ち着くでしょう。

私は学生時代に米国にいたので、
米国やシンガポールの友人とたまに話すことがありますが
私の会社員時代の年収の1.5倍から2倍は稼いでいました。

特に彼らは私よりも優秀だったわけではありません。

これだけの年収を稼げていたのなら、そ
もそも副業やネットビジネスなんてしなくてもいいですよね。

もちろん彼らも大変です。結果が出せなかったら、
すぐに年俸を減らされたり解雇されてしまうんですから。

ちなみに海外では正社員という言葉はありません。

その点、日本の企業はいくら結果が出せなくても、
すぐに解雇はありませんし、給料を減らされることはありませんからお気楽ですね。

まとめ

もし、今現在の収入や仕事内容に満足していないようであれば、
今すぐにでもネットビジネスを始めるべきです。

そして、一度始めたら、独立するつもりでやりましょう。

中途半端な気持ちでは中途半端な結果しか返ってきません。

中途半端な結果や成果のままだったら残業代を稼いだ方がマシということになりかねません。

やり始めたら、それを副業ではなくビジネスとしてコツコツ真面目に取り組みましょう。

関連記事:会社員て長時間労働するしかなくない?年収を上げる5つの極意とは

奴隷のような人生から脱出したい人へ、
メルマガだけの情報を無料で受け取りたい方はこちらをクリック<<

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*