堀内アーロンの現金融資型プラットフォーム マネートークンはオススメできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小塚史晃です。

まったく笑ってしまうん話なんですが、
世の中にはICO貧乏、仮想通貨貧乏という
仮想通貨に投資しすぎて日常生活に問題が生じる人たちがいるようです。

そんな、人たちのためにアーロン堀内という方が
マネートークン(Money Token)という現金融資を可能にする
プラットフォームを紹介し始めました。

この記事を読むとあなたがマネートークンに参加すべきかどうかが分かります。

【コピー】

変動の激しいビットコイン-BTC-やイーサリアム-ETH-を
担保にして現金融資を可能にする全く新しいプラットフォーム

このプラットフォームにより
いつでも自身の仮想通貨資産価値に
基づいて流動資金の貸し出しが可能となります。

返礼に同意した融資額を安定通貨として受け取ります。

もし担保の資産が増えても融資返済後、担保の全額が戻されます。

このように流動資産を得ながら、自身の仮想通貨の位置を保ち、
長期投資ゲームに参加し続けることができます。

マネートークン(MoneyToken)とは?

マネートークン(Money Token)とは暗号通貨の融資及び資産運用に
焦点を当てたブロックチェーンの金融エコシステムです。

つまりは、ビットコインとイーサリアムを担保に
現金を借りれるようになるというシステム
です。

 

世の中には仮想通貨はたくさん持っているけど、
現金がなくて困っている人がいるようです。
そんな人たちのために現金を貸してあげようというコンセプトです。

 

生活に困るほど、仮想通貨に投資するなんてアホだなと思いました。

その人たちに必要なのは、仮想通貨ではなく現金だったなんて皮肉です。

 

そもそも、普段の生活に困るほど仮想通貨に投資するなんてナンセンスです。

仮想通貨は将来的な可能性は大いにありますが、まだまだ未知数です。
そんなものに人生をかけるなんて、それは投資ではなくてギャンブルですよ。

 

私は仮想通貨投資は余剰資金でやりましょうと言っています。
100万円が数年で10倍になって1000万になる、
それで十分ではないでしょうか。

 

日本居住者にはおすすめできない理由とは?

仮想通貨貧乏、ICO貧乏の人を批判してしまいましたが、
仮想通貨を担保に現金を借りれるとしたら、マネートークンは嬉しいサービスですよね。

しかし、日本居住者にはオススメできません。

概要ページを見てみたのですが、今後、日本円での融資ができるかはまだ不明です。

今のところUSD(アメリカドル)、USDTテザー、
分散型DAI、MTC Money Token, BituSDだけです。

まだ日本円と明記されていないので、日本居住者の方はやめた方が良さそうですね。

日本にいるのに、アメリカドルを貰っても使えませんからね。

まとめ

そもそも賢い仮想通貨投資をしていれば、
マネートークンのような現金融資型プラットフォームに
参加する必要はありません。

仮想通貨貧乏なのであれば金銭的に異常な状態ですので、
まずはご自身の資産ポートフォリオを見直しましょう。

そして、まだ日本円での融資が今後かのうになるか不明ですので、
今のところは日本居住者の方はマネートークンは無視して良さそうです。

間違っても、現金がもらえそうだからって、
わざわざイーサリアムを買ってマネートークンに参加するなんてことはやめてくださいね。

そして、アーロン堀内の正体とは?

誰だっていいですよね。
ここまで読んだ人はもう堀内アーロンさんには興味ないと思います。

 

お知らせです。

仮想通貨で資産を増やす。今流行りでいいですよね。
どの通貨が覇権をとるかはまだわかりませんが、
仮想通貨自体は今後も伸びていくでしょう。

 

だけど私、小塚は仮想通貨を保有して資産を増やすだけでなく、
仮想通貨を利用して事業収入も得ています。

小塚からその仮想通貨を利用した事業収入の作り方を学びたい方は
メルマガで情報を受け取ってください。

小塚のメルマガをチェックする<<閲覧注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*