あなたどのステージ?小林正弥 新講座型ビジネスをオススメできる人は?

あなたどのステージ?小林正弥 新講座型ビジネスをオススメできる人は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、

小塚史晃です。

ビジネスでの収入を増やそうと思った時、考えるべきなのが、
現在自分がビジネスのどのステージにいるかということです。

例えば、事業年収3000万の人、500万の人、
まだ事業収入が0円の人では学ぶべきこと、
実践するべきことは違います。

ということで、

小林正弥氏の新・講座ビジネスを参考に
あなたがどのようなビジネス講座を受ければ良いか説明していきますね。

読み終える頃にはあなたがどのレベルの塾や講座を
受ければ良いかわかるようになります。

【コピー】

テンプレーロに当てはめるだけであなた独自のプログラムが完成し、3ヶ月後には、毎月100万以上の継続利益が手に入る

新・構築型ビジネス構築シートと、高単価x継続課金のビジネス動画講座を期間限定でプレゼントします。

まずは自分のビジネスレベルを知ることから

あなたは給与収入以外でどれだけの収入をえていますか?

 

まだ0円の人は0から1を生み出すことをしなければなりません。

 

まだ500万くらいの人はビジネスを拡大すること
力を注がなければなりません。

 

このようにあなたのビジネスレベルに応じて
学習する内容、実践する内容は違うのです。

 

事業収入0円の人がビジネスを拡大するための講座を
受けても意味がありません。

 

0にいくら数字をかけても0のままです。

 

事業収入500万の人が超ビジネス初心者用の講座を
受けてもこれも無駄です。

 

だから、まずは自分のビジネスレベルを知り、
それにあった講座に参加する必要があります。

 

自分に合った講座の見極め方

自分のビジネスレベルが分かったら、
次は講座や塾を選ぶ段階です。

 

しかし、たいていの塾や講座というのは
中身が分かりません。

 

それが初心者向けなのか、上級者向けなのか
分かりづらいものが多く出回っています。

 

そこで、判断基準となるのが
実践者の声でどんな人がどういう結果を出してきたかです。

 

例えば専業主婦が0から20〜30万円を稼げるようになりました
という声が多ければ、初心者向けですね。

 

そして、事業収入1000万円が3000万円になりました
という声が多ければ、それは上級者向けです

 

実践者の声、お客様の声というのはモロにその講座が
誰に向けたもので、どのような成果が出るか、その講座、塾の実力
というのを表現しています。

もちろん実践者の声を捏造するのは反則です!

関連記事:もう騙されない 成果のでる本物の高額塾の見極め方!3つのポイント

 

新・講座型ビジネスの実践者の声は?

それでは実践者の声を見ていきましょう。

あなたにぴったりの講座なのか判断してみてくださいね。

すでに会社経営をされている方です。

どうやら小林正弥氏のランディングページを以前作成したことがあるようです。

https://artomatic.co.jp/works/

クライアントでありビジネスパートナーでもあるということですね。

 

こちらの方は英会話教師から独立して自分の講座を持ったということですね。

ビジネス初心者には参考になりそうな事例です。

そして

この方もビジネス上級者です。

ビジネス作家でありながら、会社経営もしているんですね。

 

小林正弥氏のホームページから、他にも実績はないか確認してみましたが、
どれも実績者は法人ばかりでした。

まとめ

小林正弥氏の新講座型ビジネスの実践者は法人やビジネス中級者以上の方ばかりでした。

まだビジネスで成果が出ていない人には向いていなさそうですね。

実績がなくても大丈夫という表現がされていますが、
実践者の声を読む限りでは、ほぼ全員が実績がある人ばかりでした。

 

最低限、まずはビジネスでゼロイチを構築してから
小林正弥氏の新講座型ビジネスにチャレンジした方が効果が高いと私は思います。

関連記事:高額塾の裏に隠された結果を出す人が少ない理由と成功者になる思考法

 

ここからは私の経験談ですが、

ビジネスでゼロから1を作るのと、500万を1000万にするのでは
圧倒的にゼロから1を作る方が大変です。

1さえ作れれば、あとはそれに掛け算していくだけなので楽チンです。

多くのチャレンジャーたちが1を作るためにもがき苦しみ挫折していきます。

そして何度も立ち上がって、成功していくのです。

成功の極意が知りたい方は小塚の公式メルマガの登録をオススメします。

メルマガ登録する<<クリック

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*