瀬尾恵子と中里佳子 ゴールドマンサックスの関係は?

瀬尾恵子と中里佳子 ゴールドマンサックスの関係は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは小塚史晃です。

現在、元ゴールドマン・サックスの瀬尾恵子という人物が160倍になると見込めるICO(イニシャル・コイン・オファーイング)ですが、ゴールドマン・サックス社からの注意喚起がありましたのでご覧ください。

さすがにみなさんこんなのには引っかかっていないと思いますが念のためです。

瀬尾恵子とゴールドマンサックスの関係は

こちらをご覧ください。

ゴールドマン・サックスの名を騙った投資勧誘や詐欺行為等にご注意ください.

最近、ゴールドマン・サックスとは無関係の第三者による、当社と誤認される名称を使用した、または当社との実在しない取引関係を騙る、または当社の元社員を装う、などの方法を利用した、仮想通貨や未公開株の売買などの投資勧誘やその他の詐欺的な行為等に関する事例が多く報告されています。

現在、報告されている事例は、当社とは一切関係のない業者によるものです。

ゴールドマン・サックスの名前を騙った投資勧誘や詐欺行為にはくれぐれもご注意いただきますようお願い申し上げます。

このような投資勧誘等により、被害または迷惑に遭われた場合は、警察署または日本証券業協会の「株や社債をかたった投資詐欺」被害防止コールセンター(0120-344-999)等に対応をご相談ください。

また何か不審な点がございましたら、ゴールドマン・サックス(代表:03-6437-1000)までお問い合わせください。

なお、今般、インターネット上に、瀬尾恵子(セノオケイコ)という氏名の人物が関係するICO(イニシャル・コイン・オファリング)を本年5月24日付で開始する旨の投稿がなされていますが、この人物はゴールドマン・サックス証券株式会社を含むゴールドマン・サックス・グループの会社に在籍した事実はなく、言及されるICOを含むこの人物の活動は、ゴールドマン・サックス・グループとは全く関係ございません。

動画の中ではっきりとゴールドマンサックスで活躍したと言っていますが、

肝心のゴールドマン・サックス社から公式文書で

この人物はゴールドマン・サックス証券株式会社を含むゴールドマン・サックス・グループの会社に在籍した事実はなく、言及されるICOを含むこの人物の活動は、ゴールドマン・サックス・グループとは全く関係ございません。

といわれてしまいました。

ゴールドマンサックスに在籍していたとうたっていた案件としてはヘンリー・ヒデオ・ウエノ氏が記憶に新しいですね。

関連記事:ヘンリー・ヒデオ・ウエノ氏の経歴を徹底検証

念のためゴールドマン・サックス社へ瀬尾恵子氏が在籍していた事実があるかどうか、
ゴールドマンサックスを騙る人物に対してなにか勧告をするのかどうか電話してみましたが、
お約束できませんが担当者から折り返しますとのことでした。

なにか進展がありましたら、追記します。

なぜゴールドマンサックスを名乗りたがるのか

多くのローンチの登場人物が以前は有名な企業で働いていたとか、有名な人物から推薦を得ていると主張したがるのでしょうか?

それは人は『権威』に弱いからです。権威によって心を動かされてしまうからです。

ゴールドマンサックスといえば投資業界の権威です。そこで働いていたのだから、この人の言っていることは安心できると、人々は信じてしまうのです。

例えば、実力のない人がゴールドマンサックスで働いていますというだけで、ある程度は話を聞いてもらえたり人が集まってきてしまうのです。

他にも権威の力を借りた案件はありましたね。

たとえば、泉忠司さんは皇室の権威を利用していますね。

または政府公認、国家プロジェクトと言って、政府の権威を利用しようともしていましたね。

関連記事:ノアコインが成功する2つの条件とフィリピン政府の見解

また販売ページに白衣を着た人物を登場させるのも、権威性を利用した販売手法の一つです。

医者は社会的に信頼されている人たちだと思い込まされているので、白衣を着ている人を見るとこの人のことは信頼できるなと脳が勝手に思ってしまうんです。

関連記事:もう騙されない 成果のでる本物の高額塾の見極め方!3つのポイント

権威を主張するのは悪いことなのか?

それでは、有名な企業で働いていたとか、医者であるとかそういった権威性を利用して販売することは悪なのでしょうか?

私はそうは思いません。

権威を獲得するにはそれなりの努力が必要です。本当に有名企業で働いていたり表彰されたのであれば、それはある程度の実力の証明になりますし、消費者も安心して購入することができます。

権威性が悪いことではなく、嘘を言っていたり消費者に誤解を与えるような表現を使っているからいけないんです。

それにしても、権威性をアピールしようとしたら、その権威から否定されてしまった・・・
コントをやってるみたいですね。もしくは日本昔話にでてくるストーリーみたいです。

瀬尾恵子氏の正体は中里佳子

ツイッターを散歩していたらこんなのを見つけました。

 どうやら、瀬尾恵子というのは偽名のようで、中里佳子というのが本名です。

特商法には本名を記載しなければならないので、完全にアウトです。

 

マジで金融庁よ仕事をしろ!こういのがいると仮想通貨の信用がなくなる。

金融庁が仕事しました!

プライベートセール中止です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*