アヴィーチー 音楽で夢を見れるのか?それとも再び目を瞑るのか?

アヴィーチー 音楽で夢を見れるのか?それとも再び目を瞑るのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、

小塚史晃です。

 

落ち込んだ時に音楽を聞く、

その行為を私は疑問に思います。

 

何かに躓いて、うまくいかない時、

行動できない時

失恋、家族の死など

 

そんな時にテンションを上げる曲を聴いたり

悲しみを表す曲を聴くかもしれません。

 

しかし、それでその悲しみが和らいだでしょうか?

行動できるようになったでしょうか?

 

この記事では小塚が考える音楽の効果と、音楽よりもずっとマシな方法を教えます。

お気に入りのアーティストAvicii(アヴィーチー)が亡くなったというニュースを聞き執筆しました。

テンションを上げる曲の効果は?

落ち込んでしまった時、何か困難に直面しテンションの上がる曲をかける時があります。

音楽を聴いている間は、それで良いかもしれません。

曲に身を任せていれば、気分も高揚してくれるでしょう。

 

しかし、気分が高揚したからといって、目の前の現実が変わるわけではありません。

ただ、目の前の現実から逃げているにすぎないです。

そして、自分の希望と違う現実を再認識した時、また落ち込んだ気分になるでしょう。

 

テンションが上がって高揚した状態から、一気に落ち込んだ気持ちになるのですから、その落差は凄まじいいですね。あまり気分をあげたり、下げたりを繰り返していると情緒不安定になりそうです。

どうせなら、気分が落ち込んだままの方が良いです。

実際、私がそうでした。

会社に行きたくない時、音楽をかけてテンションをあげていました。そして、一種の躁状態になっていました。

躁状態になっている時は、自信に満ち溢れているので良いのですが、それが解けると以前よりも落ち込んだ状態になるんです。

落ち込んだ時に暗い曲を聞いてはいけない

それでは、落ち込んでいる時に暗い曲を聞くのはどうでしょうか?

これも私はお勧めしません。落ち込んでいる時にさらに暗くなってしまっては、その傷や悲しみがどんどん深くなるばかりです。

私は世の中の全ての悩みというのは、考えすぎない方が良いし、そのほうが良い解決策が浮かんできます。

今からあなたの10年前、20年前を思い出してみてください。

なんであんな小さなことで悩んでいたのだろうか?

と思いませんか?

要は考えすぎなんです。考えるから小さな悩みでも肥大化し、あなたを支配するのです。

 

音楽はだめ。落ち込んだ時にはどうすればよいか?

気分が沈んだ時どうすれば良いか?

音楽ではなく、どうやったら気分を回復することができるのか?

考えすぎないようにすることができるのか?

 

私のオススメは歩くことです。

もちろん全員ではありませんが、スポーツが好きな人は基本的に明るい人が多い気がします。

落ち込んだ時には、スポーツをしろというとハードルが高いので、スポーツが苦手な人は散歩から初めて見ることをお勧めします。本当は考える余裕もないほど、体を動かした方が良いです。

散歩程度なら、まだまだ考える余裕はありますが、私の経験上その思考はポジティブな方向に向かいやすいです。これは私の実体験なので、科学的根拠はありません。

他の気分が落ち込んだ時にすると良いことはこちら

心が疲れてない?ネガティブ思考を脱出する4つの方法

 

まとめ

落ち込んだ時に、無理やり感情をコントロールするのはやめましょう。情緒不安定になりやすいです。

ここまで、音楽に対し否定的なことを書きましたが、私は過去にEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)にはまっていた時期があり作曲したり、人前で演奏をしたほどです。

ただ、私のお気に入りのアーティスト、Avicii(アヴィーチー)が先日、亡くなられたと聞きいろいろ思うところがあってこの記事を執筆しました。

Avicii(アヴィーチー)がなぜ亡くなったかはわかりません。事故だったのか、自殺だったのか、病気だったのか・・・

 

ただ才能あるアーティストは人々を感動させているのに、なぜこんなにも早死になのだろうか?

 

私はこれを読んでいる人に伝えたいです。

 

目を瞑っている間は夢を見られるかもしれませんが、目を覚ました時には現実が待っています。

現実が自分の理想と違った時、再び目を瞑ってしまうのか、それともギャップを埋めようと行動するのかを・・・

 

ギャップは行動によってでしか埋まりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*