マイニングデビットカード 吉田慎也の裏で暗躍する人たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちはセールスライターの小塚史晃です。

コインチェック事件があっても、仮想通貨の勢いは止まりませんね。これでもかというくらいにICO案件が出てきます。ちなみに小塚がコインチェックに預けてあった日本円はちゃんと返ってきました。

今回、検証していくのは吉田慎也氏のマイニングデビットカードです。2018年3月19日(月)にICO案件がスタートするようです。

【コピー】

2018年3月19日 ビットコイン登場以来の衝撃!!今年最も高騰する可能性を大いに秘めた『優良ICO案件』がスタート!! コイン保有で“毎日”イーサリアムが受け取れる!買い物するだけで1,000円、1万円、3万円とお金が貯まり日々の支払いが全て『投資』に変わる『新しい決済の仕組み』が2018年に日本、世界でサービス開始が“決定”!!

【特定商取引法に基づく表記】

販売者氏名:吉田 慎也

問い合わせ先連絡先:ico.mining@official-project.site

吉田慎也とは?

2017年の10月にマイニングシェアバンクという仮想通貨案件を打ち出した25歳の起業家です。

若干25歳なのに誰が彼に3億円もの融資をしたのか。どうやって中国にマイニングファームをたった1年で作り上げたのか、疑問に思っていました。

その時の記事がこちらです。

吉田慎也 マイニングシェアバンクは本当に信用できるのか?

その時は調査のなかで、佐藤ひろひで氏が裏でプロデュースしていることがわかりました。

また、別の筋でつかんだ情報ですと松本太陽氏も関わっているようです。この2人については後ほど記述します。

それでは動画を見ていきましょう。

早速なんですが、機密事項をいきなり話してくれちゃうみたいです。
機密なのにイイんですかね?

何千、何万という人が見ているのに機密事項をバラしてしまうなんて、なんて軽い機密事項なんでしょうか。もし、私でしたらその機密事項を軽くバラしてしまう人とはビジネスはしたくはないですね。

だって秘密がだだ漏れなんですから、上手くいくものも上手くいかなくなります。

機密事項とは?

せっかく機密事項をバラしてくれるというので、早速確認していきますね。

やはり、ICO(イニシャルコインオファーイング)でしたか、

仮想通貨xマイニングx決済ということで、この仮想通貨とマイニングを掛け合わせてそれを決済に応用するようです。

凡人の私にはどういう仕組みか全く想像できません。

しかも、その決済システムを使って買い物をすると

消費をすればするほどお金が貯まっていく、消費が投資になると言っています。

まだICOの詳細が公開されていないので、わかりませんが、

一般人がこれをみたら完全にロジックが破綻していると思われますね。

私としてはロジックが破綻したものに投資はしたくないですね。これからそのロジックが徐々に公開されますので、後日検証するとしましょう。

仮想通貨の流通量?誰がそんなこと言ったのか?

それと、気になったのですが、

この吉田慎也氏

仮想通貨の流通量が今後は3000兆円にもなる

といわれているのですが、

一体、どこの誰がそんなことを言ったんでしょうね。

こういったことは誰が言ったかが重要になります。

トランプ大統領がそんなことを言ったのであれば、大事ですが、一般人がそんなことを言っても何の影響力もありません。

知っていましたか?

小塚史晃氏は

仮想通貨の流通量は5000兆円になる

って言っているんですよ。

説得力のかけらもありませんよね。

情報源を明らかにしましょうね。

リーク情報:ICOの内容は?

まだ確定情報ではありませんが、今回の案件を企画しているアフィリエイトセンターを確認したところ、こんなことが書いてありました。

マイニングデビットカードって書いてありますね。

ビットコインデビットカードは聞いたことがありますが、マイニングデビットカードは初めて聞きました。

ビットコインデビットカードとは、ビットコインを専用のウォレットにチャージしクレジットカード加盟店であれば、どこでもビットコイン建てで決済できるデビットカードです。簡単にいうとデビットカードの仮想通貨版です。

マイニングデビットカードとはビットコインデビットカードにさらにマイニングの要素が加わったということでしょうか。まだ私にはどのような仕組みか想像もつきません。

こちらの仕組みも公開されたら検証していきますね。

裏で暗躍しているのは誰?

上の画像で

『太陽ASP x Loop ASP』合同キャンペーン開催

と書かれています。

そして、この太陽アフィリエイトセンターを運営するのが松本太陽(松本敏彦)氏、

また、Loopアフィリエイトセンターを運営するのが佐藤ひろひで氏です。

松本太陽(松本敏彦)氏が関わった案件

松本太陽氏はD9クラブとう(HYIP案件)の日本での紹介者として関わっていました。

下の動画では松本太陽氏が多くの紹介をしたということでD9クラブから表彰されています。

(54:25からの登場です)

HYIPとは

HYIPとはHigh Yield Investment Programの略で、日本語に訳すと高利回り案件と言います。略して『HYIP(ハイプ)』と呼ばれます。その特徴は文字どおり異常なまでに高い利回りです。日利1〜3%が普通の世界です。日利1%って大したことないじゃんって思ったかもしれませんが、

1年でみると

1 x 1.01^365=37.78で、例えば100万円があったら1年後には  37.78倍の3778万円になっているんです。異常な数値ですよ。

D9クラブ投資被害対策弁護団が結成

2017年5月からD9着金しないトラブルとか、資金を持ち逃げされたとの噂がたち弁護団が結成されました。松本太陽氏の名前もしっかり当事者として名を連ねています。

第3 違法性
 本事案においては,前記のとおり当事者が複数存在するため,違法性は当事者毎に検討する必要がある。

1 D9Club,D9Club JAPAN,「藤山カルロス」,「湯田」,「柿野」,「佐藤」,「泉」,「松本」らのほか,「プレジデント」や「バイスプレジデント」と呼ばれる勧誘グループの上位者その他主要勧誘者及び代理店らの責任

今回の案件もD9クラブのような被害者がでないことを心から願います。

佐藤ひろひで氏が関わった案件

佐藤ひろひで氏がプロデュースした案件で代表的なものとして、今回登場の吉田慎也氏のマイニングシェアバンクがありますが、新たな情報がながれてきましたので、記載します。

吉田慎也 マイニングシェアバンクは本当に信用できるのか?

まとめ

まだ今回の案件の内容が正式に発表されたわけではないので、はっきりとしたことは言えませんが次の点を考慮してください。

  • 消費すればすればお金がたまる。消費が投資になるロジックが小塚には理解できない。
  • 松本太陽氏と佐藤ひろひで氏が関わっている。

真相が分かりましたら、記事を後日アップしますね

注目ICO案件

ユニゾン UNIZON ブロックチェーンが保険のあり方を変える

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ながなが より:

    ヤッパリ詐欺ですかね〜

コメントを残す

*