BLACK AI Strategy FX (ブラストFX)人工知能を検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは小塚史晃です。

最近はAIの発展が目覚ましいですよね。投資の世界でもAIが採用されています。投資の勉強は日々していますが、AIが代わりにやってくれる時代が来たら、私たちは投資の勉強というのは不必要なものになるのでしょうか?

今後どうAIと付き合っていくか考えさせられますね。

今回紹介するのはBLACK AI Strategy FX(ブラストFX)です。

BLACK AI Strategy FX(ブラストFX)

販売ページはこちら

【コピー】

最新の人口知能AIテクノロジーで、FXの稼ぎ方は新世代へ!

買いシグナルも売りシグナルも全自動でお知らせ!

さらに自動決済機能があるので、エントリー後はほったらかしでも利益に!

FX初心者でも年収5000万円クラスを十分に目指せる!まよいようがなく、ストレスもない新しい稼ぎ方へ。

BLACK AI STRATEGY (ブラストFX)

特定商取引法に関する表記

販売業者:グローバル・ロイズ株式会社

運営責任者:松山裕典

販売価格:39,800円(税込) 42,984円(税込)

AIのわりには異常に価格が安い。

まず、私が違和感をかんじたのが販売価格です。人工知能を用いたFXツールのわりには39,800円という異常な安さなのです。他のFXツールや商材と同等の価格です。

他の分野のAI開発には企業が数十億から数百億円の投資をしています。しかし、このBLACK AI STRATEGYにあなたが投資するのはたったの4万円です。

安いことはたしかに嬉しいことなのですが、たった4万円の販売価格で研究開発費が賄えるのかという疑問が湧いてきました。

もちろんこのFXツールが10万本売れれば回収できると思いますが、それは販売者側にリスクが大きすぎます。もし、本当にAI(人工知能)を応用したFXツールであれば、販売ページにもあるように

ユースケや、旅するトレーダー仲間たちと、
このBlack AI・ストラテジーの価格について、
相談をしていたところ、

「1000万円以上の価値がある」
「少なくとも500万円じゃないと安すぎる」
「700万円くらいが妥当では?」

という意見が実は多かったんです。

僕もそうだと思うし、
1000万円以上だったとしても、僕なら買うでしょう。

だって、それ以上の利益を得られることは、
もう分かりきっていることですから。

抜粋:BLACK AI STRATEGY販売ページより

1000万円以上の価値があるでしょうし、妥当な価格で売るべきです。だって月収数百万円は遠くないんでしょ?

それとも、そんなに安価な値段でAIが開発できてしまったんでしょうか?

AIなのに、なぜ自動売買ではないのか?

AIといえば、勝手に人工知能がエントリーのタイミングを判断してくれます。そこに使用者の意思や裁量が入り込む余地はありません。ていうか、入り込むべきではないのです。

それならば、なぜこの BLACK AI STRATEGY(ブラストFXは)エントリーのタイミングを手動でさせるのでしょうか?

手動でさせてしまっては、そこに少なからず使用者の意思が入り込んでしまいます。そういった迷いを排除するために、ここは完全自動売買にするべきでしたね。

ただのテクニカル分析?

人工知能というくらいですから、膨大な情報量を処理して学習をし判断していると思いきや、ただのテクニカル分析?と思わせるような動画を公開していました。

天井圏から2つのラインが両方Uターンしている時は売りのチャンス

と買いてありますが、そりゃ天井から下がっているなら売りのチャンスです。そりゃそうでしょう。

どれだけの情報を元に深層学習をさせているのでしょうか?気になるところです。

矛盾??売りのチャンスなのにロングエントリー

みなさん、ロングとショートの意味はもうお分かりですよね。念のため説明します。

ロング=『買い』:通貨の価値が安いときに買って、
高いときに売る行為を言います。

ショート=『売り』:通貨の価値が高いときに売って、
安いときに買い戻す行為を言います。

参照:http://fx-jin.jp/basic/95#03

しかし、このBLACK AI STRATEGY FX(ブラストFX)底値の時に売りのチャンス!といっているんです。

底値圏から2つのラインが両方Uターンしている時は売りのチャンス!

素人でも底値とわかっていたら買いのチャンスといいますよ。実際にはロングエントリーしているので、ただの記載ミスかと思いますが、もし、この人口知能FXが底値で売れと指示してきたら目を疑います。

 

不必要な特典たち

今回特典として9つの購入者特典がついてきます。

しかし、そのどれもが裁量トレードを推奨するような内容でした。

例えば、

特典1:トレンド発生の予兆をつかみ、利益を拡大する方法(理論編)

これって要らなくないですか?だってAI(人工知能)がやってくれるものだとではないんでしょうか?

AI(人口知能)の定義付けは人それぞれ

わたしのFXにおけるAI(人工知能)に対しての個人の意見ですが、この業界ではまだAI(人口知能)の定義が不明確です。

そのAIがどれほどの情報を学習しているかは不透明ですし、チャート(情報)を分析して、判断するという意味ではテクニカル分析もFXツールもAI(人工知能)と言えるでしょう。

それは開発者のみぞ知ることです。あなたのトレードに採用する際は細心の注意を払いましょう。

まとめ

  • 1000万円以上の価値があるのに安すぎる値段設定。
  • AI(人工知能)なのに自動売買ではない。
  • AIなのにエントリーの根拠が単純なテクニカル分析
  • 記載ミスだと思うが、ロングでエントリーなのに売りのチャンンスと言っている。
  • AI(人工知能)の定義が曖昧なので、トレードに採用する際は要注意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*