【検証】ビットコイン2刀流トレード〜ブームはいつまで続くか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは小塚史晃です。ビットコインの価格が75万円を超えました。ここまで上がってしまうと怖いですね。バブル時代はこういうのは普通だったらしいのですが、小塚はバブルは経験していないので今の状況は異様に写ります。

そして今回レビューするのが上木義和氏のビットコイン2刀流トレードです。

【コピー】

長期投資(約1年)で5万円が54万円に増加!デイトレードで1ビットコインあたり数千円の利益を次々と抜き取る!

ビットコイン2刀流トレード。長期投資とデイトレードの両方で利益を出すための本物のビットコイン投資法を今ここで公開いたします。

【特定商取引に関する法律に基づく表示】

販売業者、運営統括責任者:上木義和

販売価格:19,800円(税込)

1年で5万円が54万円って普通じゃない?

普通の投資でしたら1年で5万円が54万円になるって驚異的な数字なんですが、ビットコインの場合は違います。

ビットコインの1年前の相場(2016年11月)の価格って知っていますか?約7万円です。それが1年経った2017年11月は75万円です。1年間で10倍以上伸びています。つまりなんのテクニックもなしに持っているだけで良かったのです。

持っているだけなら猿でもできますね。

しかし、このビットコイン2刀流トレードは1年間で5万円が54万円に資産が増えたと声高々に言っています。猿でもできることを自慢されても、私たち人間は対応に困ってしまいます。

メガバンクの仮想通貨導入でビットコインに好影響?

みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行が仮想通貨の導入を決めたら、ビットコインに好影響をもたらすのでしょうか?私はそうは思いません。円という後ろ盾のあるメガバンク仮想通貨が普及したら、一般市民はビットコインとメガバンク仮想通貨どちらを使用するでしょうか? 当然だとは思いますが、メガバンク仮想通貨を使います。

今の価格変動の激しいビットコインを誰が買い物や決済に使うでしょうか? 円と相場が固定されているメガバンク仮想通貨なら、価格変動の心配がないので安心して毎日の生活に使用できます。

それに、仮想通貨が一般化されてしまっては、毎日の使用には便利かもしれませんが、価格が安定してしまい投機としての価値はなくなりそうです。不安要素がたくさんあるからこそ、今現在価格が上昇しているのです。

ブームが終わる前に

1年前は仮想通貨の情報商材はほとんどありませんでした。しかし、なぜかビットコインの価格が上昇するのと比例して仮想通貨のプロダクトローンチや情報商材が増えています。

まるで、ブームが終わり稼げなくなる前に、一攫千金をしようと言っているようです。

これはインターネットビジネス業界の常套手段なのですが、その分野で稼ぎ尽くした人がブームが完全に終わる前にセミナーをやったり情報商材を販売したりして、第一人者として地位を築く。本当にこれからもその分野でその人が稼いでいける自信があるなら、秘密の情報等を漏らさずにずっとその分野で打ち込んでいるはずなのです。

一応補足しておきますが、ブームが終わったからと言って稼げなくなるわけではありません。簡単には稼げなくなるということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*