可能性無限大は嘘 コーチングとセミナー講師達があなたを騙す理由

可能性無限大は嘘 コーチングとセミナー講師達があなたを騙す理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうも!
小塚です。

『あなたの可能性は無限大です!』
私はこういう言葉を聞くと虫酸が走ります。

なぜかというと私が今までこの限界を決めるなという言葉に苦しめられていた一人であり

最もその言葉に希望を抱き信じていた人の一人であるからです。

この記事では、なぜ多くのコーチやセミナー講師たちは、あなたの可能性無断大とかほざくのか、そして、なぜ小塚は自分の限界を決めることを推奨するのかお伝えします。

夢を見させて、生徒たちをクスリ漬けにするコーチやセミナー講師達

自己啓発セミナーや、自称成功者たちのセミナーに参加したことがある人は経験をしたことがあるかもしれません。その講師がどんな悲惨な生涯を送ってきて、いかにして成功を収めたかを聞かされたのではないでしょうか?

もし、この逆転ストーリーを聞いて感動し、私にもできるんじゃないかと思ったら、あなたは彼らの戦略にはまっています。人を感動させて、希望を抱かせて到底不可能な目標を作らせる。セミナーが終わった直後は高揚感で一杯でワクワクで行動するけど、能力不足なので挫折し、また高揚感を得るためにセミナーに参加してという無限ループにハマりセミナー中毒に陥るのです。

よく“〇〇さんだから、その目標を達成できたんですよね。”という質問に対して

“誰でも決意があればできますよ” とか “ちゃんとやるべきことを実践すればできますよ”

なんて言うコーチやセミナー講師がいますが、こういった連中は要注意です。こういう連中は自分の講座にあなたを取り込みたいだけの人たちです。ここで、『才能がないとできませんよ』と言ってしまったら彼らはあなたをマネタイズできませんからね。

正直に言って、才能がない分野でいくら努力しても無駄です。才能がある連中に負けます。だから、あなたは才能のある分野で適切な努力をすべきなのです。

本当に生徒のことを思っているのなら、コーチやセミナー講師達は、あなたには才能が無いので他のことをやったらどうですか?と言うべきなのです。そして、嫌われても本当に進むべき道を示してあげるべきなのです

だけど、ほとんどのコーチや講師達は生徒達から嫌われたく無いというのもありますし、契約を更新してほしいのでこう言います。“あなたの目標は必ず達成できます。あなたならできます!。” そして、生徒達は更新してしまうのです。なぜならコーチやセミナー講師達はあなたを全肯定や、何を言っても認めてくれるので、とても気持ちの良い存在なのです。

そして、生徒達は薬漬け状態になって、お花畑の夢から抜け出せない状態になるのです。本当にこういった人の向上心を利用するコーチ達には虫酸が走ります。

心理テクニックを生徒に試したがるクソコーチ

ちょっと話がずれますが、コーチというのは人のメンタルや心理に関わる職であるにも関わらず、資格なしで仕事ができてしまいます。だから、コーチの質もバラバラです。ちょっとコーチングをかじっただけで、自分自身の自己実現のためだけにコーチングをしている連中がほとんどです。

そして最悪なのが新しく習った心理トリックを試したがる連中です。ただ自分の技術を試し、自慢したいだけの連中です。

私はあるコーチのコーチングを受けたことがあります。なんという手法かは忘れてしまいましたが、問いかけによって私の深層心理に入ってきて、私は心と頭の中が混乱してきて泣き出してしまいました。いろんな感情が一気に押し寄せる感覚です。

そして、そいつが言った一言は・・・“〇〇という手法を使いました。” 

当時はすごい心理的な手法だな、すごい先生だなと思いましたが、今思うと悔しい気持ちが沸き起こり、今にもMacbookを叩き割ってしまいそうです。

他人のせいにするのは良く無いことかも知れませんが、そこから私の破滅への道が始まったと言っても過言でありません。夢を見させるだけ見させておいて、破滅への道へといざなう。人の向上心を弄ばないで欲しいものです。

限界を決めることが全てを具体化する

私は自分の自己実現のために、スティーブジョブズみたいに新しい価値を世の中に作ったり、ホリエモンみたいにいろんなビジネスを興すんだとか思ってました。その時は自分の能力を過信していたし、“どんな人間も可能性は無限大”とか信じていました。ただ夢だけがでかい実力の伴わない大バカものでした。

それが、達成できなかったことは言うまでありません。しかし、ここで自分は凡人で大した能力も無いし、世の中に新しい価値を提供するなんて恐れおおいと思うようになりました。

巷ではこんな消極的な発言をすると、ネガティブな思考は良く無いとか多くの批判を受けたり、そういう思考では成功はできませんよとか言われます。

しかし、小塚の場合は自分の限界を決めたことにより、自分のできること、できないことが明確になり、自分の能力を適切に運用するにはどうしたら良いか?どんな目標なら達成できるか?というのが分かるようになったのです。

自分の能力(資産)を正しく査定し目標を決めることが、あなたを成功に導くのです。無謀な夢を抱くのは止めてください。現実的な目標を作ってください。あなたは現実世界に生きているのです。思ったことは何でも叶う夢の世界に生きているのでありません。

そして、コーチやセミナー講師のみなさん!あなたの生徒やクライアントに夢を見せ続けさせるのは止めてください。現実を見せて、その厳しい現実を乗り越えさせるように指導していくのが、真のコーチであり真の講師なのです。

追伸:

答えは自分の中にあると良く言いますが、あなたの中に無い答えは無いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*