Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/koduka/kodukafumiaki.net/public_html/wp-content/plugins/cta/classes/class.cta.render.php on line 528

100年安泰大家さんの秘密 民泊新法が成立チャンスか否か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは

小塚史晃です。旅行って楽しいですよね。その時に利用するのが民泊です。そんな時に利用するのが他人の家に泊まることができる民泊です。ホテルとは違った体験ができるので、楽しいです。そして、民泊新法が制定されて今は大注目の案件をレビューしますね。

地域貢献型100年安泰大家さんの秘密 上武岳 今田正則

【コピー】

2017年6月国家認定地域貢献事業『収入の柱がもう一本欲しい』『不動産経営に憧れる』『新規事業に手を出す時間がない』経営者・起業家の方へ

10万円さえあれば誰でも“即日”賃貸オーナーになれます。マーケティング・セールス・見込み客開拓、一切不要、世界ん191カ国、300万人の新興市場から完全自動・丸投げで最短3日後から賃貸収入開始

100%失敗できない“マジックスタートで”10万円の初期投資が、初月24万円に化け1年後には年間300万円の夢の不労所得を達成!

地域貢献型100年安泰大家さんの秘密

【特定商取引に関する表記】

株式会社エム・マーケティング

つまりは民泊の塾です。

プロモーションビデオを見るとわかるのですが、

今回の仕掛け人は上武岳氏と今田正則氏です。この二人は以前にも旅億という民泊、エアービアンドビーに関する高額塾を販売してました。関連記事:旅億は稼げるのか?今田正則 上武岳 塚本桂を検証

今回も民泊に関連する高額塾とみて間違いはないでしょう。

国家認定と大げさなことを言っていますが、民泊新法で規制されただけです。

2017年6月国家認定地域貢献事業と謳ってはいますが、

民泊新法という民泊をルール化する民泊新法が成立したことを言います。

つまりは今までグレーゾーンだった民泊、エアービーアンドビーが政府によって規制がかけられたということになります。

これを国家認定というのは、国家という権威性を使って情報弱者をターゲットにしているなあと感じられます。

民泊新法の内容をざっくりと一言で要約すると

申請をすれば、年間180日までなら、民泊をしても良いですよ

という意味です。

年間180日という制限で既存のホテルや旅館のビジネスを保護しつつ、空き家を有効利用する明確なルールができたのです。グレーゾーンではなく、白黒はっきりつくようになったのです。

グレーゾーンだったから、今まで儲かっていた

民泊は今まで具体的に規制する法律がなかったので、度を過ぎなければ結構やりやすいビジネスでしたし、結構儲かってもいました。

グレーゾーンのビジネスって儲かりやすいって知っていましたか?

とくに小さい規模のビジネスオーナーにとっては儲かりやすいです。

グレーゾーンだと大手は評判などを気にして、参入してきません。グレーゾーンということが参入の障壁になっていたので、小塚のようなスモールビジネスをやっている人は大手企業の侵略から守られていたのです。

だから、今回、民泊の白、黒が法律に明文化されてしまったので、大手も参入してくると思います。これから、ゼロから民泊を始める人にとっては難しい市場になるかもしれませんね。

オススメする人

すでに物件や空き部屋を持っていて有効利用できていない人

オススメしない人

物件も空き部屋も持っていない人

まとめ

民泊はまだ新しいビジネスモデルなので、参入する価値はあるとは思いますが、わざわざ民泊用に物件を購入したり借りたりする必要はないと思います。初期費用がかかりすぎです。

どうしても、物件も何も持たない人が民泊をしたいのなら、知り合いの物件を代わりに民泊で運用してあげるという方法が初期費用がかからずオススメです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*