もう騙されない 成果のでる本物の高額塾の見極め方!3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは

小塚史晃です。

もしあなたがビジネスをしたことがなくて、誰かに教わりたいと考えているのなら、高額塾に参加してみるのも一つの手段です。しかし、世の中には情報弱者を騙すような詐欺的な高額塾が蔓延しているのも事実です。今回の記事では詐欺的な高額塾の見極め方を紹介していきます。

簡単に稼げると謳っている高額塾には絶対に入らない

高額塾でよく見かけるのがコピペで月収30万円とか自動で月収100万円とか3ヶ月で月収100万円とかよくありますよね。コピペで月収30万円とか自動で月収100万円とか冷静になって考えて。存在するはずがありません。仮に存在したとしても、表舞台に上がってはこないでしょう。物事を論理的に考えられない情報弱者向けの高額塾だということがわかります。

参加者の質が高額塾の成功率を左右する

ここで私が言いたいのは、その高額塾が詐欺かどうかではありません。参加者の質が良いか悪いかです。

高額塾の成功再現率は参加者の質で決定するといっても過言ではありません。質の低い情報弱者がいくら内容の良い高額塾に参加しても、性格が依存的なので成功することはありません。

逆に情報弱者向けの高額塾だったとしても質の良い、レベルの高い人が多く集まれば、その高額塾がインチキだったとしても成功率は上がります。そもそも、質の高い人はインチキ高額塾に参加しようとは思いませんがね。

そして、仮にあなたが質の良い参加者だとしても、周りが質の低い情報弱者ばかりだったらあなたはその影響を受けて成果が出なくなってしまいます。

高額塾を見極める際は販売ページをみて、どんな人が参加しそうか見極めてください。

結論その1:

高額塾の成功率は参加者の質で左右されるので、質の低い情報弱者が参加しそうな高額塾には参加しない。

参加者の実績にだまされない

実際にこの高額塾に参加したら6ヶ月後どんな成果が出ているんだろう?と思いますよね。私が高額塾を評価する際に、重要視しているポイントの一つが参加者の実績です。

塾の内容というのは実際に参加してみないとわかりません。だから、参加者の声を参考にするのです。

残念なことに昨今は参加者の実績を捏造したり、師匠や他人の実績を流用する詐欺まがいな高額塾が多くなりました。

その実績を本当に信じれるかどうかは、悲しいことに販売者のモラル次第ですが、僅かながらに捏造かどうかを判別する手段があります。

捏造解析方法その1:グーグルで画像検索をしてみる

参加者の声には参加者の写真が載せてありますよね。そこで右クリックを押して画像検索がでます。そこででてくる検索結果に怪しいものがあったら、その参加者の声は捏造だということが分かるでしょう。

例えば、下のこの画像をグーグルで画像検索すると・・・・

無料素材の画像だということが分かりました。

捏造解析方法その2:師匠やナビゲーターの実績を流用していないか調べる

プロダクトローンチではよくその情報起業家とペアで師匠やナビゲーターが登場します。実績がないと誰も信用しないので、実績の貸し借りを師匠やナビゲーターとの間で行われることがあります。

もし、師匠と弟子でプロダクトローンチを行っていることが分かったら、師匠にあたる人のホームページに行ってみましょう。

こちらが弟子のページ

師匠のページです。

同じ人が参加者の声として出していることが分かります。注意しましょうね。

結論その2:

実績に嘘や偽りがないか徹底的に調べましょう。

権威性に左右されない

高額塾で講師が『俺は国から認められた』、『勲章をもらった』、『すごい資格を持っている』とか自分がどれだけすごい人かをアピールする人がいますが、、無視してください。

その人がどんな権威を持っていようが、あなたに結果を出せるかどうかは関係のないことなんですから。

結論その3

権威を主張してきたり、自慢してきたりしたら、『すごいですね〜(笑)』と受け流す。

まとめ

詐欺的な高額塾を見極めるポイントは次の3つです。

  • 簡単に稼げると謳っている高額塾には絶対に入らない
  • 参加者の実績にだまされない
  • 権威性に左右されない

中でも参加者の実績を捏造する輩は許せませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*