THE BREAK ザ・ブレイクで楽に稼げるのか?船ヶ山哲を検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは小塚史晃です。

小塚がはまっている街は渋谷です。いろんな国の料理が食べれるので、最近は海外に行かなくてもいいかなって思ってます。小塚は海外に行っても結局は食べるのが、目的ですから。

今夜レビューするのは船ヶ山哲氏のTHE BREAK(ザ・ブレイク)です。実践者との対談動画などかなり作り込んであって注目の案件です。作り込み過ぎて船ヶ山哲氏が働きすぎなのが、泣けてきます。

船ヶ山哲

THE BREAK(ザ・ブレイク)

【コピー】

夢を持って起業したけどサラリーマンの年収を超えない

集客が伸びず、売り上げが頭打ちで、会社の規模が拡大しない

忙しくて全く自由な時間がない、そんな起業家、経営者のあなたへ

わずか2ステップ

2つのシステムにまるまるあてはめるだけで1年後には3000万円の不労所得を実現

THE BREAK

〜ゼロからでも爆発させる勝者の戦略〜

【販売業者】

株式会社エム・マーケティング

【運営統括責任者】

原田正文

船ヶ山哲とは?

船ヶ山哲氏がどのような人柄でで、どんなマーケティングコンサルタントなのかを検証していきましょう。

極普通のコンサルタントです。

プロフィールに心理を活用としたマーケティングを得意としているマーケティングコンサルタントと言っていますが、心理を活用しないマーケティングなど、この世に存在するのでしょうか?

マーケティングのそもそもの原則として人間の心理を活用しています。人間の購買心理を研究することがマーケティングなのです。

だから、小塚も心理学については常に学んでいます。一生学び続けるでしょう。

 

つまり、船ヶ山哲氏は普通のどこにでもいる普通のマーケティングコンサルタントです。

なぜなら、マーケティングに人間心理を活用するなど極あたりまえのことだからです。

 

逆に、人間心理を全く活用しないマーケティングコンサルタントがいたら、小塚は教えを請うことになるでしょう。なぜなら、世の中のマーケティングコンサルタントの悩みが一気に解消されてしまうのですから。

人間心理を無視してものが売れたら、すごすぎませんか?

子供の教育を最優先に考えマレーシアのジョホールバルに在住

なぜ、子どもの教育を最優先に考えるとジョホールバルに在住なのかは意味不明ですが、小塚に言わせるとこの選択は最悪の選択の一つです。

なぜなら、船ヶ山哲氏の仕事はほとんど、日本の仕事ばかりでジョホールバルに滞在できず、子どもに十分な愛情を注ぐことができないからです。

ご覧のとおり、彼の仕事のほとんどは日本です。

 

ラジオセミナーに関して言うと、毎週日本に行かななければなりません。

 

現実的に考えて日本とマレーシアを毎週往復していると考えられませんし、もし仮に本当に毎週マレーシアと東京を往復しているとしても、子どもと過ごす時間はほとんどありませんね。

 

あまりにも子どもに与える愛情が少なすぎると、将来的に自己肯定感の低い人間に育ってしまうので気をつけましょう。

また、教育を他人や学校に任せっきりなど辞めましょう。子どもにとって最高の教育者は親自身です。

(船ヶ山哲氏が時間がないながらも、子どもに愛情を注げていること望みます。子どもの将来を考えて。)

 

ゼロブレイクシステムと自動経営システムを検証

なんだか、集客を自動化とかこのシステムが代わりにやってくれますとか夢のようなことを言っていますが、論理的に検証していきましょう。

ほったらかしなわけがない〜魔法の薬その1〜

はたして、ほったらかしで初月から月収100万円得ることができるでしょうか? 

論理的に考えてそんなシステム存在しませんよ。何年もかけて、ほぼほったらかしで金を稼ぐブログを作ったり、不動産収入てのはありえますが、初月からってのは不可能です。

 

冷静にあなたの現状をみて、1ヶ月後にほったらかしで100万円は達成できそうですか?

情報弱者はこのような魔法の薬ようなシステムが大好きなんですよね〜

 

リモコンを押すだけで年収3000万〜魔法の薬その2〜

だから、リモコンのスイッチを押すだけで稼げますか?

いい加減にそれは存在しない魔法の薬だと気がついて欲しいです。たとえそれが本当だったとしても、その土台を築くには絶え間ない努力が必要になります。その覚悟はありますか?

 

7300万人が知っている不労所得を永遠に実現する仕組みとは?

どのように統計をとったのかは謎ですが99%の人が知らない不労所得の仕組みと言っています。

世界の人口が73億人とすると7300万人が知っている仕組みということになります。たいして珍しくありませんね。どうやら船ヶ山哲氏が提唱する仕組みより、小塚の方が知られていない方法を知っていそうです。

船ヶ山哲氏はめちゃくちゃ働いている!

セールスページの中で、自動、安定、不労で時間と、理想のライフスタイルを手に入れるとありますが、当の本人は非常に忙しい人です。

船ヶ山哲氏の働きっぷりを見てください。電ツー以上です。小塚の3倍は働いています。

働きっぷりその1 

今回のローンチのために、何人もの実践者と数時間に及ぶ対談動画を撮影しています。移動とか打ち合わせを入れたらこれ以上の労力に違いありません。さらにはこれから第一話、第2話と続くので途方もない労力でしょう。

働きっぷりその2

日本の仕事がほとんど、しかもラジオ収録があるので、日本とマレーシアを毎週往復するはめになっています。仕事のしすぎで家族はほったらかし状態なんではないでしょうか。

小塚は海外旅行は好きですが、日本とマレーシアを毎週往復なんて地獄です。

成田ーマレーシア間は飛行機で7時間かかります。日本のサラリーマンが通勤に片道1時間かけるとしても、週5日だけなので船ヶ山哲氏の方が通勤に多くの時間を使っていますね。

なぜマレーシアに移住したんだ・・・・意味がわからん。

まとめ

船ヶ山哲氏は不労で稼ぐ方法を推奨していますが、船ヶ山氏本人がこれだけ働いている姿を見せつけられると、船ヶ山哲氏が本当に言いたいことは、

不労で稼ぐ方法というのは情報弱者をつる餌だ。稼ぎたければ横着せず働きなさい。

ということではないでしょうか。大変勉強になりますね。

がむしゃらに働きたい人には船ヶ山哲氏のTHE BREAKはオススメですが、

時間と理想のライフスタイルを手に入れたい人にはオススメできません。

追伸:

不労所得と声高々に叫ぶ起業家ほど、不労でなかったりします。不労所得を手に入れるために、がむしゃらに働いているんですね。

 

小塚史晃からネットビジネスで時間と理想のライフスタイルを実現する情報を入手するには・・・

>>閲覧注意!! 周りに誰もいないことを確認してから読んでください。←クリック

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

成功者が知られたくない不都合な真実を公開

小塚史晃からネットビジネスで理想のライフスタイルを実現する情報を入手するには・・・


>>閲覧注意!! 周りに誰もいないことを確認してから読んでください。←クリック


真実を見る クリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*