【全力否定】ウィンザーの向井新一は購入者を冒涜する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは小塚史晃です。

先ほど、ウィンザーの伝説の日本人、向井新一氏からふざけたメールが来ました。とてつもなく胸糞悪い内容です。すでにウィンザーを購入してしまった人にとっては、怒りがこみ上げてくる内容になっているのでまだ夢から覚めたくない人は読まないほうが良いです。

送られてきたメールの内容は?

先ほどは小塚のみに送られてきたようなニュアンスで伝えてしまいましたが、おそらくウィンザーのメルマガ読者全員に送られてきたメールです。

だからこそ、僕は決意しました。

==================
◆先行10大特典を
通常募集期間でも
つけさせて頂くことを決定しました。
==================

先行10大特典の内容は
こちらです。

期限内にウィンザーを購入してくれた決断力のある人だけに10大特典を付けていたのに、お金の用意ができなかった人がいるetc の理由で購入できなかった人がいる、懇願されたということで、期限を延長してしまったんです。

期限内にウィンザーを購入した人の立場はどうなるんでしょうか?

こういう場合は小塚だったら先に購入してくれた人を尊重するために、後から申し込んだ人の特典を三つまでにするとか、先に購入してくれた人に、さらに豪華な特典を付けるといった処置をします。

そうでなければ、向井新一氏を信じて期限内に購入した人たちへの裏切りになってしまいます。

大切にすべきは、先に購入してくれた人たちなのに、向井新一氏は何を考えているのでしょうか? 

 

期限延長の裏側は?

まあぶっちゃけますと、期限内に申し込みが大した来なかったということですね。期限を設けて希少性をだして、さらに10個も特典をつけたのに先着100名に到達しなかったんです。

だから、期限を延長したんです。

特典をなくしたら、本当にだれも買わなくなりますからね。

こんなメッセージが来たと言っていますが、

僕のもとには

「先行募集には間に合わなかったのですが
なんとかなりませんでしょうか?

どうしてもウィンザー
特別10大特典を手に入れて
最高の状態でスタートを切りたいです。」

というメッセージが
山のように届いています。

・仕事の都合で
申し込む時間が取れなかった。

・家族を説得するのに時間がかかって
 参加することができなかった。

・参加費の用意が間に合わなくて
 泣く泣く諦めた。

こんなの期限を延長するための自作自演です。

もしくは、最初から限定とか先着なんて存在しなかった可能性が高いです。

最初から視聴者を希少性で煽って購入させて、タイミングがきたら延長してさらに稼ぐ。

騙す気まんまんですね。

購入者を冒涜する本当に残念な企画でした。

関連記事:

向井新一が月収200万円保証 日本初の稼ぎ方ウィンザーの評判は?

【ウソだらけ?】ウィンザーの向井新一は本物か偽物か検証しました

 

小塚史晃からネットビジネスで確実に稼ぐ情報を入手するには・・・

>>閲覧注意!! 周りに誰もいないことを確認してから読んでください。←クリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

成功者が知られたくない不都合な真実を公開

小塚史晃からネットビジネスで理想のライフスタイルを実現する情報を入手するには・・・


>>閲覧注意!! 周りに誰もいないことを確認してから読んでください。←クリック


真実を見る クリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*