評判と洗脳 長倉顕太 安達元一 メタモルフォーゼプログラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
長倉顕太

小塚史晃です。

今宵レビューするのは安達元一氏と長倉顕太氏のメタモルフォーゼプログラム2.0です。

この記事を読むと、この2人のプログラムの疑問点と参加する際の注意点がわかります。

 

【コピー】

1000名限定!無料プログラム

『視聴率200%男』安達元一と

『累計1100万部プロデューサー』長倉顕太が教える今まで誰も教えてくれなかった稼ぎ方の秘密

メタモルフォーゼプログラム2.0

『脳』常識を覆す最強の無料対談動画プログラム

エピソード1はこちら

安達元一とは?

まずは登場人物の紹介です。

視聴率200%男

1965年8月23日、群馬県北群馬郡子持村出身。1988年から放送作家としてタモリ、ビートたけし、明石家さんま、とんねるず、SMAP、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、ナインティナイン、所ジョージ、みのもんたの番組を担当し、その番組の一週間の視聴率の合計が200%を超えたので、自称ですが視聴率200%男と名乗っています。

本もだしました。

安達元一

物理的に一つの番組で200%を取ることは不可能なので、担当する番組の視聴率を合計すると200%になるということです。

例えば、視聴率10%を20個あれば200%になります。そう考えると視聴率200%超えの放送作家はザラにいるでしょう。

そして、2006年に自信のブログの記事が原因でディレクターにキレられ、当時担当していた番組ガキの使いやあらへんでをクビにされてしまいました。どんなブログの記事を書いたかは削除されてしまったので不明です。

小塚の好きな番組なので今回のローンチで彼のことを書いていることに感慨深いものを感じます。

放送作家を辞めた理由

自身のYoutubeサイトに放送作家を辞めた理由が出ています。→www.youtube.com/watch?v=Jvt7F26MrJs

要約すると放送作家を続けていて、愚痴や不満ばかりを言う自分に嫌気がさしていた。そこで、そとの世界を知って希望が見えてきたから飛び出したと言っています。

長倉顕太とは

長倉顕太

フォレスト出版元編集長

フォレスト出版元編集長で、現在はコンテンツマーケターとして活動しており無名の人をベストセラー作家に育て上げるのが得意で、ジャンルは自己啓発、会計、経営、経済、金融、英語、ダイエットと多岐に渡ります。

今まで手がけた著者は

石井 裕之、苫米地英人、小玉歩、ジェームス・スキナーと知る人ぞ知る人が多数います。

退社後は自分がコンテンツに

フォレスト出版退社後は井口晃などの情報起業家と手を組んで高額塾などのローンチを立ち上げています。

フォレスト出版時代は自分がコンテンツを売る側でしたが、今度は自分がコンテンツになったわけです。

メタモルフォーゼプログラム2.0-3つの疑問

それではエピソード1の動画を見ていきましょう。小塚が疑問に思った点が3つありますので、解説していきます。

サラリーマンは奴隷か?

この動画を見て思ったのがサラリーマンを奴隷奴隷と言って馬鹿にしているなと感じました。

きっとこのプロジェクトの対象がサラリーマンとしての毎日の生活が単調でつまらない、仕方なくやっている人向けに作られたプロジェクトなのだと感じます。

協調性の低い人にはサラリーマンは辛いかもしれませんが、世の中のすべてのサラリーマンが不幸で奴隷なわけではありません。

みんなでわいわい仕事をするのが好きな人もいるかもしれませんし、平凡だけど安定した生活が好きな人もいます。

自己管理能力が低く一人だとだらけてしまう人には会社という環境を与えてくれるサラリーマンが向いています。

小塚が言いたいのは、奴隷奴隷と煽られたからといってサラリーマンの人生に悲観的になってはいけないということです。

安達元一氏と長倉顕太氏にとっては奴隷という意味です。

前回のメタモルフォーゼプログラムは失敗だった?

セールスレターの中でこう言っています。

前回は『やり方』しか教えられていなかったんだ。

だから、
行動力がない人はそれを実行できない人が
生まれてしまったんだ。

こう言われてしまっては前回の参加者がかわいそうです。

ノウハウだけならPDFだけで十分でしょう。実行できない人がいるから直接指導を受けれるように高額な料金を払って塾に入会するんです。

小塚が得た情報によりますと自分をコンテンツ化しそれを売り出すという手法を教えていたようです。この場合、自分に得意なことスキル等がないとコンテンツ化できません。

コンテンツがないひとにコンテンツを売るなんてできないんです。これが失敗の原因でしょう。

今回のプロジェクトは前回と同じかは不明ですが、分かり次第記事をアップします。

苫米地英人の存在

動画では二人とも苫米地英人氏のことをすごいと言っていたので、彼らは苫米地英人氏の影響を色濃く受けています。

苫米地氏はオウム真理教の信者を洗脳から解放したことで有名になりました。NLPや催眠に精通しており洗脳の専門家です。

一部抜粋ですが、苫米地英人氏のセミナーに行った人の感想を見てみましょう。

やっと目が覚めました。苫米地氏のやっていることは絶対におかしい。(正しいこともあると思いますが)

苫米地氏の言う最初は強烈なハイパーラポール状態で苫米地さんに洗脳されたのかも?それが月日が進むにつれネガティブラポールになったのかな?

たぶん苫米地教の信者に何を言っても無駄だと思うし、自分自身苫米地氏を尊敬してた頃否定的な書き込みやメッセージなどは全部信じなかった。無視してた。から言っても無駄でしょうが一応言います。苫米地氏の全てを信じることは辞めたほうがいいと思います。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1179202511;_ylt=A2RiIlxnseJV1l0At6Da.fN7?pos=3&ccode=ofv

 

あまり、苫米地さんのことは知らないのですが、昔公安に依頼され、オウムの洗脳をといた功績があり、
脱洗脳の第一人者らしいのですが、
わたしには、彼を洗脳し、金儲けに走る汚いおっさんにしか思えません。
セミナーにいかないでほしいと泣いていうと、お前はドリームキラーだ!といわれました。
つらいです。
もし、大切な人がそういうセミナーにいったら、どう思いますか?
いってほしくないとおもう私がおかしいのでしょうか?

わたしと自己啓発セミナーで
セミナーをとった彼は、
もう続けていくことは無理ですよね(>_<)

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1280368377

実際に長倉顕太氏は彼の本をプロデュースしていますので、苫米地英人氏の手法は熟知しています。。

今回のセールレターでも脳のリミッターを外すと言っているので、そこが洗脳の部分になるでしょう。

良い方向で使うのなら文句は言いませんが、前回のプロジェクトは失敗だったと認めてしまっているので、洗脳が悪い方向に行ってしまったのでしょう。

参加者のその後などがネット上にあまり無いのが気がかりです。

まとめ

今回のプロジェクトはどこかで洗脳が入ると小塚は言いました。

一番危険なのが1月から開かれる奴隷解放会議2017です。

おそらく、現在の生活に不満をいだく人が参加するのですから、心の隙間に入られて論理的な判断を失い、いらない高額商品を買わされるでしょう。

参加する方は十分注意して、参加してください。

参考にですが、こちらの記事が役に立ちます。

セミナーでの洗脳手法がわかります。

関連記事:

【評判】長倉顕太 x 井上裕之 理想のメンターの見つけ方

P.S.

小塚史晃からネットビジネスで確実に稼ぐ情報を入手するには・・・

>>閲覧注意!! 周りに誰もいないことを確認してから読んでください。←クリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*